荒川区での家族葬について

荒川区での家族葬とは?

荒川区での家族葬とは?の写真

実は、家族葬の明確な定義はありません。

現在では、家族や親しい友人を中心とした少人数で葬儀を行うことの総称として使われることが多いです。基本的な要件や式の流れは一般的なお葬式とほぼ同じですが、少人数であるため、それぞれの希望が反映されやすくなっています。

しかし、「家族葬とはどのようなお葬式なのか?という質問に正確に答えられる人はほとんどいませんが、「家族葬とはどんなお葬式なのか?なぜなら、家族葬とは、家族と故人に最も近い人だけが参列する小規模な葬儀であり、実際に家族葬に参列したことがある人はほとんどいないからです。

さらに、一般の方を含めない家族葬は、故人や家族が好きなように葬儀のスタイルを決めることができるため、一般的な葬儀のように家族葬に明確な基準があるわけではありません。

家族葬とは、家族や親族、友人など、故人と親しくしていた少数の人たちだけでゆったりとお別れをする葬儀のことで、故人の遺族は家族葬に招待する範囲や人数をあらかじめ決めておくことができます。参列者の人数を限定することで、「故人の希望」「故人のためにこうしたい」「遺族に負担をかけたくない」などの理由で、日程や場所、スタイルを比較的自由に決めることができます。名前に「家族」という言葉が入っていることから、家族だけの葬儀だと思っている人もいますが、葬儀に参列したい人は誰でも参列することができます。

最近では、高齢の参列者に負担をかけないように、通夜を行わず、葬儀と告別式だけで故人とのお別れをする一日葬の家族葬を選ぶ人もいます。しかし、家族葬を選ぶ際には注意すべき点があります。葬儀に招かれなかった人が、後から「なぜ葬儀に招かれなかったのか」と聞いてくる可能性があります。また、お悔やみの気持ちを伝えるために自宅を訪問してくれる可能性もあります。そのため、家族葬を呼ぶかどうか迷っている方は、家族葬を呼ぶようにしましょう。

家族葬とは、家族や親族、親しい友人・知人などと一緒に行う小規模な葬儀の形です。故人との上質な時間を過ごし、故人と生前深く関わっていた人たちとのお別れの時間を共有することができます。

「家族葬」の明確な定義はありませんが、参列する人数は1人から30人程度で、一般的な葬儀と同様に神父さんが参列することが多いです。家族葬とは、故人とのお別れを中心とした葬儀のことです。家族や親族、故人と親しかった人が参列します。参列者や参列者が少ない通常のお葬式に比べて小規模なお葬式です。このタイプの葬儀の特徴は、生前に故人を知っていた人たちが、ゆったりとした雰囲気の中で静かにゆっくりと別れを告げることができることです。

通夜と葬儀・告別式があり、通常の葬儀の流れや内容に大きな違いはありません。家族葬には明確な定義がなく、家族や親族、親しい友人を中心とした少人数での葬儀の総称として使われることが多いです。基本的な要件や式の流れなど、一般的な葬儀とほぼ同じです。

そもそも「家族葬」という言葉は、葬儀社が家族中心の少人数の葬儀を意味して使ったのが始まりで、葬儀の「形式」や「宗教的な形式」を定義しているわけではありません。そのため、家族葬には明確な定義がなく、家族や親族、親しい友人など少人数で行う家族中心の小規模な葬儀の総称として使われることが多いようです。基本的な要件や式の流れは、一般的な葬儀とほぼ同じです。故人の状況や背景にもよりますが、家族葬は参列者を限定して行われます。また、家族葬だから家族だけで行うべきだと考える人も多いですが、故人の親しい友人など、故人の死を悲しんでいる人が参列することもあります。

荒川区の家族葬で好評の葬儀社