荒川区での家族葬について

荒川区の家族葬の相場

荒川区の家族葬の相場の写真

費用の考え方は、通常の葬儀と同じです。

地域や参列者の人数、葬儀を行う場所、宗教などにより、お客様ごとに費用は異なります。家族葬だから安いとは一概には言えません。確かに普通のお葬式に比べて料理や返礼品の数が減るので、トータルの費用は安くなる傾向にあります。しかし、参列者が少ないということは弔慰金が少ないということになりますので、結局のところ、実際の葬儀の費用はトータルでは同じかそれ以上になることが多いです。また、家族葬一式で○○万円などと安い価格を提示している広告にも注意が必要です。この金額で葬儀ができると思って実際に依頼してしまうと、必要なものが含まれていないために追加費用を請求されてしまいます。費用に関しては、事前に葬儀社から見積もりを取るだけでなく、内訳や条件をよく確認しておくことが大切です。公益社では、お客様のご希望や想いを込めたい部分に合わせやすい料金体系になっています。必要なものだけを選びながら、家族葬を一緒に考え、希望をカタチにするお手伝いをさせていただきます。一般的な葬儀の全国平均費用は、葬儀パッケージ費用、飲食接待費用、寺院費用を合わせると約195万円と言われています。葬儀パッケージの費用には、遺体の搬送、通夜式、告別式、火葬などの費用のほか、人件費も含まれています。飲食接待費とは、参列者に提供する飲食物の費用と人件費のことで、参列者の人数が多いと費用が高くなることがあります。寺院費用とは、葬儀の際に読経をしたり、戒名をもらったりするお礼の品として渡す金額です。急に葬儀を行うことになった場合、この金額をすぐに用意できますか?少人数の家族葬であれば、費用を抑えることができます。参列者の人数が少なく、親しい友人や家族だけで行うため、飲食代や引き出物、接待のための人件費などがほとんどかからないからです。家族葬を希望する遺族の中には、「家族葬っていくらくらいかかるの?とお問い合わせをされる方もいらっしゃいます。家族葬」という言葉からは、葬儀の規模を小さくすることで費用を抑えることができるという考えが連想されがちです。確かに家族葬の方が参列者が少ないので、飲食費や返礼品代などの変動費を抑えることができます。しかし、宗教儀式を行う場合は、通常のお葬式と同じようにお供え物をする必要があります。家族葬自体の平均費用は964,133円 今回の調査では、葬儀(家族葬だけでなく、一般葬、一日葬、直葬を含む)の平均費用は1,191,928円となっています。それに比べると、家族葬の平均費用は全体の平均よりも約23万円も安くなっています。飲食代や返礼品代は、参列者の人数によって異なります。家族葬の飲食代の平均は208,946円、返礼品代の平均は197,835円となっています。これらの費用のうち、家族葬にかかる費用の平均は1,370,914円となっています。この他にも、宗教葬を依頼する際には贈答品の費用も必要になります。