荒川区での家族葬について

荒川区の家族葬の特色

荒川区の家族葬の特色の写真

葬儀の多様化が進む昨今、家族葬を選択する人が増えています。

しかし、普通のお葬式と家族葬の違いを理解していない人も多いのではないでしょうか。家族葬は普通のお葬式の縮小版なのか?と疑問に思っている人もいるでしょう。家族葬とは、一般的に「故人と非常に親しかった家族や親族、友人のみが参列する葬儀」のことを指します。そのため、特別な場合を除いて、一般的なお葬式よりも規模が小さいのが特徴です。小さな公葬と家族葬の違いは、「家族から招待された人だけが参列できる」という点です。普通のお葬式は規模が小さくても、葬儀場に来た人だけが参列できるので、一般の人が行う宗教儀式(焼香・供養・献花など)があります。家族葬の特徴は、公示がないこと、参列できる人数が限られていること、家族に頼まれなければ一般的には誰も参列できないことです。家族葬であれば、家族が納得できるお別れの形を作りやすくなります。一方で、故人の親族や友人を含めた家族にとって、どのような家族葬がベストなのかをよく考えることも大切です。親族や故人に近い人だけを送り出したい。参列者が少ないことが予想されるので、葬儀の規模は最小限に抑えたい。少人数の葬儀であっても、故人を心から見送りたい。生前に故人が望んでいた方法で、快適なお別れをしたいものです。このような考えを持っている人には、家族葬が最も適した葬儀の形と言えます。遺族は、短い時間の中で思いを馳せることが難しいかもしれません。生前の故人の意思を尊重しつつも、遺族の希望やその後のことを考えて家族葬が選ばれることが多いです。家族葬が家族や故人と親しい人たちだけで行う小規模な葬儀であるのに対し、公営の葬儀は、取引先や趣味のサークル、近所の人など、故人と関係のあった人たちが幅広く参列します。家族葬が普及する以前は、葬儀といえば一般葬を指していました。密葬とは、著名人や企業経営者など、多数の参列者を集めて大規模な葬儀を行う場合に選ばれます。家族葬と同じように、家族や親族などの限られた人だけを送るという点では家族葬と同じですが、後日、社葬やお別れ会、法要など、多くの参列者を集めて本葬を行うことを前提としています。密葬とは、公営の本葬を行う前に、家族と故人との間で穏やかなお別れをすることができる葬儀のことです。火葬式や直葬は、火葬場での火葬と埋葬のみを行います。式」や「葬儀」という言葉がありますが、通夜や葬儀・告別式、法要などの宗教的な儀式は行わないため、厳密には葬儀の一種ではありません。家族葬のような密葬は、親族や親しい友人だけで行うものです。違いは、本葬とは別に、故人と親しい人たちにゆっくりとお別れの機会を持ってもらうために、密葬式を行うことです。つまり、本葬は後日、多くの人を招待して行う場合があります。密葬は、著名人や企業の社長など、例外的に幅広い人脈を持つ人を対象に行われることが多いです。親密な時間だけを確保したいが、大勢の人を招待しないわけにはいかない」などの事情を抱えた人たちが、.......。かつては、本葬を行わず、家族内だけで行うものを「密葬」と呼んでいましたが、現在では「家族葬」と呼ばれるようになりました。しかし、情報を受け取る側にとっては、本葬があるのかないのか、本葬があるのかないのかを知ることが難しいため、「家族葬」という言葉が使われていました。家族葬は密葬と混同されがちです。実際には、両者に大きな違いはないようです。