荒川区での家族葬について

荒川区の家族葬のメリット

荒川区の家族葬のメリットの写真

家族葬では、親しい人だけが参列することになります。

大切な人を亡くした直後は誰もが不安を感じますが、気の置けない人たちに囲まれていると心強いものです。また、愛する人のために参列することに追われることなく、人生の最後の瞬間を過ごすことができます。葬儀の規模が大きくなればなるほど、費用も高くなります。家族葬は、いくつかの例外を除いて、通常の葬儀よりもはるかに小さいです。そのため、費用を抑えることができます。また、一日葬(通夜を行わず、葬儀と告別式のみを行う葬儀の形態)や直葬(宗教的な儀式を行わず、火葬場での告別式のみを行う葬儀の形態)、無宗教の葬儀を行うことで、経済的な負担をさらに軽減することができます。参列者が多いほど、宗教的な儀式(焼香など)に時間がかかります。家族葬の方が参列者が少なく、葬儀を早く進めることができます。また、精進礼拝を省略することも選択しやすく、時間的な負担も軽減されます。また、時間が短くて済むため、体力的にも負担が少なくて済みます。家族葬の場合、人数が少なくなることが多いです。心労の中にいる遺族は、参列者への気遣いや準備が少なくて済むため、故人とのお別れの時間をできるだけ多くとることができます。また、遺族や故人と親しくしていた人は、故人を見送り、故人との思い出話をしながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。遺族は、故人と親しくしていた人に、故人が生前にお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えることができるかもしれません。また、故人が生前に遺した葬儀の想いを形にしたり、出棺前に家族だけで限られた時間を過ごすなど、故人の想いを遺族が取り入れやすくなります。このように、故人や遺族の思いが反映された葬儀になるので、形式にとらわれず、より自宅でのお別れに近い葬儀にできるというメリットがあります。家族葬は、故人の家族や親しい友人だけが参列できるスタイルなので、故人の遺言や遺族の希望が反映されやすく、自分たちの希望する葬儀を行うことができます。一般的な葬儀では、遺族は故人の悲しみに追われて葬儀の運営や参列者への対応に追われ、故人とのお別れができなかったことを後悔している方も少なくありません。一方、家族葬では、親族や親しい友人と一緒に故人とのお別れをすることができるので、ゆったりと故人を偲ぶことができます。通常の葬儀では、突然のお別れのために遺族の気持ちが整理できず、出席予定人数を考慮して会場や食事、香典返しなどの手配をしなければなりません。そのため、遺族の精神的な負担が大きくなってしまうこともあります。一方、家族葬は親族や親しい友人が参列するため、準備に費やす時間が大幅に短縮されます。周りを気にせずに葬儀当日に故人のことを考えることができるという大きなメリットがあります。家族葬を選ぶ人が増えている理由の一つに、家族葬の方が現代の価値観に合っているということがあります。近年では、故人が高齢であり、付き合いのある友人が少ないというケースが増えています。その結果、参列者が減り、葬儀の規模も小さくなってきています。自分の葬儀に対する意識調査によると、「自分の葬儀はシンプルなものにしたい」という人が86.3%、「自分の葬儀は家族だけで見守ってもらいたい」という人が64.4%となっています。