荒川区での家族葬について

荒川区の家族葬のデメリット

荒川区の家族葬のデメリットの写真

家族葬は、家族から呼ばれた人だけを招待して葬儀を行うのが特徴で、特別な場合を除いて一般的な葬儀よりもはるかに小規模な葬儀になります。

そのため、盛大な葬儀を行いたいと考えている親族がいる場合、最後の告別式を行いたいと考えている場合には反対されることもあります。また、「どのくらいの金額を呼ぶか」などの問題もあります。また、特に一日葬や直葬の場合は、親族や宗教者にも理解してもらう必要がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。親族から声をかけられず、参列しないと決めていた人が、後日、焼香をしに葬儀に参列したいと申し出てくることも珍しくありません。しかし、家族葬の場合は、家族の都合やタイミングに合わせて参列してもらうことになるので、その都度家族が対応しなければなりません。また、家族が不祝儀を辞退して香典返しをしない場合もありますが、後日お参りに来た人が不祝儀を持ってくることもあります。そうなると、当然、家族は香典返しを用意しなければなりません。家族葬の場合、遺族は故人の死亡を知らせる人数が限られてしまう傾向があります。そのため、弔問に来る人が少なくなり、弔慰金の収入が少なくなる傾向があります。葬儀費用の多くを香典で賄うため、葬儀費用の中からお金を取り出す割合が増える可能性があります。また、葬儀後に故人の死を知り、故人の自宅にお参りに行くケースもあります。予期せぬ訪問により、部屋の片付けや香典返しの準備が急がれ、思わぬ手間と費用が発生することもあります。地域や故人や遺族の身分や立場によっては、家族葬が葬儀客や親族に受け入れられない場合もあります。故人の扱いが悪かった」「みんなでお別れをしたかった」など、不公平なメッセージとして伝わってしまうと、遺族は葬儀に不満を持ってしまう可能性があります。家族葬に「親しい人だけ」を招待する基準は非常に曖昧です。そもそも、「親しい」というのはあくまでも個人的な感覚に過ぎません。つまり、招待する人としない人の線引きが難しく、「なぜ招待しなかったのか」という不満が出てくるなどのトラブルに発展する可能性があります。そうならないためには、葬儀前に故人を知っている人全員に連絡をする必要があります。事前に連絡をしておけば、事情を理解してもらえることが多く、事後に連絡をするよりもトラブルに巻き込まれにくくなります。多くの人が不満に思うのは、連絡がなかったからではなく、知らされていなかったからではないでしょうか。家族だけで葬儀を行うということは、故人とのお別れに立ち会えない人も増えるということです。このような理由から、一般的な葬儀に比べて、葬儀後に自宅にお参りに来る人が増える可能性があります。来訪者が一斉に来るのではなく、バラバラに自宅に来ることになるため、遺族が対応する機会も増えます。相続関連の手続きも同時に行わなければならず、負担は決して小さくありません。また、故人の知り合いだったとしても、知らない人を自宅に招くのは気が引けるかもしれません。家族葬のデメリットとしては、告知しなければならない人の範囲が狭くなってしまうことが挙げられます。